寿命を延ばす

除雪作業

自己所有の住宅では、時折メンテナンスをしなければ住宅の寿命が縮まってしまいます。そのメンテナンスの1つに外壁塗装があります。 外壁塗装は通常10年に1度程度すれば良いとされていますが、必ず10年に1度と言うわけではありません。 ときには10年以内にしなければいけないこともありますが逆に15年や20年外壁塗装をしなくても良い場合もあります。 では、塗装の塗り換え時期の判断材料になるものは何かないでしょうか。それは実際に外壁を見るとわかります。 もし外壁にひびが入っていたり、塗装が剥がれていたり、かびや苔などが入っている場合には、外壁塗装をする時期が来ているということです。 また、チョーキングと言って、指で外壁を触った時に白い粉のようなものがつけば外壁塗装が必要な時期です。

外壁塗装するとなった場合には業者選びが大事になります。中には悪徳業者もいるため、悪徳業者を見抜く力も必要です。 悪徳業者は、多額の金銭を要求したり、手抜き工事をすることで費用を浮かせて儲けようとしています。 これを防ぐ方法は2つあります。1つはその悪徳業者と思われる業者の評判や口コミを調べることです。 基本的に、悪徳業者は訪問営業を中心に行っているため、悪徳業者かどうかわからない場合でも、訪問営業受けた業者を調べてみる必要があります。 間違えても二つ返事で契約書にハンコを押さないようにしましょう。 もう一つは、見積もりを複数の会社に出してもらうことです。それにより、適正価格が分かりますし、悪徳業者を見ることもできるのです。