塗料の役割を知る

除雪機3

外壁塗装には、いくつかの重要な役割があります。 もし、高いお金を払って外壁塗装するのであれば、その役割を覚えておいた方が良いでしょう。 まず1つ目に、見た目をきれいにする役割があります。今まで外壁をいじらなかったために、かびや苔などが入ってきて色が変色してしまう場合があります。また、ほこりや泥の汚れ等で外壁が黒ずんでいることもあります。これらをきれいにするのが外壁塗装の役割の1つです。 また、外壁塗装には、住宅の寿命に関わる問題があります。木造住宅について、その住宅を支えている湿気に弱いため、外壁にヒビが入ったり、防水性の面で機能しなくなると、住宅の内部に湿気が入ってしまうのです。湿気が入ると、木材が腐りやすくなり、寿命が縮んでしまいます。

これらの症状を防ぐためには、外壁塗装が重要になります。では、どの塗料を使ったらよいのでしょう。 外壁塗装の塗料にはいくつか種類があります。寿命の長いものから寿命の短いものなど様々な種類が用意されています。もちろん寿命が長ければ長いほど、その価格は高くなります。 例えば、今住んでいる住宅をこれからずっと住むつもりであれば、寿命の長い塗料を使う必要があります。 これに対して、あと10年程度で引っ越してしまう場合や、取り壊してしまう場合には、寿命の短い塗料を選ぶべきです。 もし、初めての外壁塗装であれば、玄人好みの光触媒塗料などは避けるべきです。最初はできるだけ安いアクリル塗料やウレタン塗料などを使うべきです。